電気火災にご注意!

このページを印刷する

電気火災が多発しています!!

コンセントなどの身の回りの電気製品を今一度確認してみましょう!

 

 

 

トラッキング火災

家電製品などをコンセントに差し込んだまま長い間放置すると、埃・雨水・多量の湿気の付着により差し込みプラグの両刃間に電気が流れることにより、火災が発生する恐れがあります

ポイント♪

1)定期的に差し込みプラグを抜いて清掃しましょう

2)トラッキング防止対策が施されたプラグを使用しましょう。

 

 

たこ足配線火災

多くの家電製品やOA機器などにより、コンセントの数が不足して「たこ足配線」になりがちです。テーブルタップやコンセントには、使用できる電気の許容量があります。許容量を超えて使用していると、テーブルタップなどが過熱し火災になる恐れがあります

ポイント♪

1)テーブルタップやコンセントの許容量を確認しましょう。

2)テーブルタップなどの説明書をよく読み、正しく使用しましょう。

 

 

配線コード火災

傷ついたコードやコードを束ねたまま折れ曲がった状態、またタンスなどの重い家具が載った状態などで使用していると、内部でコードが断線し火災になる恐れがあります
ポイント♪

1)コードは家具などの下敷きにならないようにしましょう。

2)傷ついたコードは交換しましょう。

3)束ねたままなどの折り曲げた状態で使用をしないようにしましょう。

 

 

コードリールは正しく使用しましょう!

コードリールのように電源コード巻いて収納する機器は、コードを巻いた状態と伸ばした状態で使用できる電気の許容量が違います!!許容を超える状態で使用すると過電流となり、異常過熱を起こし火災の発生に繋がります
ポイント♪

1)器具に表示されている注意事項を確認し、正しく使用しましょう。

 

 

 

~ お問合せ ~

にかほ市消防本部 予防課

38-2824