にかほ市大学生等生活支援給付金交付要綱

このページを印刷する

 

にかほ市大学生等生活支援給付金交付要綱

 令和3年6月10日

                             教育委員会告示第6号

(趣旨)

第1条 この告示は新型コロナウイルス感染症拡大も影響を受け、経済的に厳しい環境におかれた市外の大学生等及びその保護者に対して、生活支援給付等を行うことを目的とし、その交付に関しては、にかほ市補助金等の交付に関する規則(平成17年10月1日にかほ市規則第42号。)の規定によるほか、この告示の定めるところによる。

(定義)

第2条 この告示において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

 (1) 学生支援給付金 にかほ市によって贈与される給付金をいう。

 (2) 商品券 にかほ市が交付する商品券をいう。

(3) 大学等 学校教育法(昭和22年法律第26号)に規定する大学、大学院、短期大学、高等専門学校、専門学校及び予備校、さらに、職業能力開発促進法(昭和44年法律第64号)に規定する職業能力開発校等とする。ただし、全ての学校区分において修行年限が1年以上の課程であることに限る。

(4) 大学生等 大学等に在籍する者をいう。ただし、高等専門学校にあっては4年生以上に在籍する者、専門学校及び予備校にあっては18歳以上の者に限る。

(5) 保護者等 大学生等を扶養する者をいう。

(給付対象者)

第3条 学生支援給付金の給付を受けることができる者(以下「給付対象者」という。)は、次の各号のいずれにも該当する者とする。

(1) 令和3年7月15日(以下「基準日」という。)において、にかほ市外の賃貸

住宅等に居住し、かつ申請日において大学等に在籍している者であること。 

(2) にかほ市立小学校又は中学校を卒業していること。

(3) 平成6年4月2日から平成15年4月1日までに出生していること。

 (4) 保護者等が基準日において、にかほ市に住所を有している者であること。

2 前項の規定にかかわらず、にかほ市長が特に給付することが適当と認めた大学生等 

(給付額及び方法)

第4条 学生支援給付金の額は、大学生等1人につき2万円とし、学生支援給付金を受給できる回数は1回とする。

2 学生支援給付金の給付は、対象となる大学生等の名義の金融機関の口座に振り込みにより行うこととする。

(商品券の交付額及び方法)

第5条 商品券の交付額は、大学生等1人につき3万円とし、同一の学生1人につき1回限りとする。

2 商品券は、対象となる大学生等の保護者等に交付する。

(給付金の申請)

第6条 給付金の給付を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、にかほ市大学生等生活支援給付金申請書(様式第1号)に次の各号の書類を加えて、市長に提出しなければならない。

(1) 大学生等の令和3年4月1以降に発行された在学証明書(原本)

(2) 申請書の本人確認書類(学生証、運転免許証、マイナンバーカード、パスポート等の写し)

(3) アパート等の賃貸借契約書の写し

(4) 振込先となる大学生等の通帳又はキャッシュカードの写し(金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人が分かるもの)

(5) その他市長が必要と認める書類

 (給付金の交付決定)

第7条 市長は、前条による申請があった場合、申請内容等に関する審査を行い、給付することが適当であると認めるときは、申請者に対しにかほ市大学生等生活支援給付金交付決定通知書(様式第2号)により通知するものとする。

2 市長は、審査の結果、給付することが不適当であると認めるときは、理由を付して申請者に対しにかほ市大学生等生活支援給付金不交付決定通知書(様式第3号)により通知するものとする。

(交付決定の取消し)

第8条 市長は申請者が次の各号に該当する場合には、第5条に規定する給付金の交付決定を取り消すことができる。

(1) 申請者が法令又は本要綱の規定に違反したとき。

(2) 申請者が申請に当たって、不正、その他著しく不適切な行為を行ったとき。

(給付金の返還)

第9条 市長は、前条の取り消しを行った場合において、既に交付した給付金の全部又は一部を返還させることができる。ただし、次に掲げる事項のいずれかに該当するときは、その返還を免除することができる。

(1) 申請者が死亡したとき。

(2) 災害、疾病その他やむを得ない事由により、返還することが著しく困難であると認められるとき。

 

(その他)

第10条 この告示に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則 

この告示は、令和3年6月24日から施行し、令和4年3月31日をもって廃止する。