一般不妊治療費の一部を助成します

更新日:2022年02月04日

一般不妊治療費の助成について

にかほ市では、不妊治療を受けているご夫婦の経済的支援として、特定不妊治療以外の一般不妊治療(保険適用・保険適用外)を開始されたご夫婦に対し、治療の一部を助成します。

対象者

(1)法律上の婚姻をしている夫婦で、医師により一般不妊治療が必要であると認められた方

(2)申請日において夫婦双方または一方が、市内に1年以上住所を有し、かつ申請日以降も存在している方

(3)夫婦共に市税に滞納していないこと

対象となる医療費

医師が必要と認めた不妊の検査、タイミング法、薬物療法、人工授精などの一般不妊治療に要する医療費、また、健康保険適用分・自費診療分いずれの医療費も助成対象になります。

※秋田県で助成する体外受精・顕微授精、その他の特定不妊治療は除く

※入院時食事療養費・差額ベッド代・文書料等は助成対象外

助成額

一年度で夫婦合計15万円を上限として助成

(令和3年4月1日より助成額を拡充しました)

申請必要書類

1.一般不妊治療費助成事業申請書(RTFファイル:111.4KB)

2.一般不妊治療・検査受診等証明書(RTFファイル:149.4KB)

3.医療機関の発行する領収書

4.夫婦の住民票

5.夫婦の納税証明書

※ 2は、かかりつけ医より記載してもらってください。

夫婦共に同じ医療機関で治療を行ってください。夫婦で一枚記載してもらってください。

(注意)

申請は、治療期間が年度をまたぐ場合でも、1年度(4月1日~翌年3月31日)ごとの申請となります。次の年度に入ってからの申請は助成の対象になりませんので、ご注意ください。

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

市民福祉部 健康推進課 母子保健支援班(金浦保健センター)

〒018-0311
秋田県にかほ市金浦花潟83番地1

電話番号:0184-38-4200
ファクス番号:0184-38-9190

お問い合わせはこちら